秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 草木染の色の力 > 十草十色 -色見本帳 -

十草十色 色見本帳

十草十色 色見本帳

人の個性は十人十色といいますが、草木の個性も「十草十色」というように個性が様々です。
おもな草木染の材料と色を分かりやすくまとめてみました。

  • 桜(さくら)

    ピンク 花咲く前の蕾の付いた小枝を集め、約40日炊いたり冷ましたり。さらに約90日かけて熟成させ、桜の花びらのピンク色を染めていきます。
  • 丁子(ちょうじ)

    ベージュ 平安時代に貴族の間で好まれ、染めた布に香りが残るため「香染」と呼ばれました。染色には花蕾を使い黄色を染めていきます。
  • 胡桃(くるみ)

    ベージュ 果肉の部分を乾燥保存して利用し、ベージュを染めます。鉄媒染でも黒くならないことから、くすんだ色を染めるとき他の染料と併せて使用します。
  • 玉葱(たまねぎ)

    玉葱は茶色い皮の部分を利用します。 堅牢度は弱い。アルミ媒染で黄色・オレンジ。鉄媒染で茶・モスグリーンを染めます。
  • 刈安(かりやす)

    黄色を染める代表的な草で、葉・幹・穂の部分を利用する。穂が三又に分かれているので見つけやすい。黄八丈はこれで染めます。
  • 桑(くわ)

    山地に自生し、紫黒色に熟した実は甘く、桑実酒やジャムに、緑葉は桑茶に。葉を利用し鮮やかな黄色を、泥染めを重ねて鶯色を染めます。
  • 黄肌(きはだ)

    黄色を染める代表的な草で、二枚目の 樹皮・生葉を使います。藍と併せて緑 色を染めることに使われました。日光 堅牢度が弱いようです
  • 槐樹(えんじゅ)

    マメ科の高木で黄色い花を咲かせます。古来より士の誉の樹木として大切にされてきました。蕾で雑味のない黄色を染めてくれます。
  • 楊梅(やまもも)

    黄・モスグリーン 夏になると蛇苺のような甘酸っぱい実をつける常緑樹。染料に使うのは樹皮で、この煎じ液は皮膚病や火傷にも効果があります。
  • 蓬(よもぎ)

    モスグリーン 道端でよく群生する男蓬・女蓬などは蓬餅等でも身近な植物です。春先は黄色に秋にはベージュに、鉄媒染でくすんだ灰緑を染めます
注)色標はあくまで目安です。草木のとれた時期、状態、染め方等により色が変わってきます。
ページのトップへ戻る