秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 草木染の色の力 > 茶

茶色は寛容

相手に安心のシグナルを送ります

茶色は相手のことを受け入れますというあなた自身の寛容さの信号です。 茶色を身に着けることでまず自分の頑固さが和らぎ相手に安心感を与えます。 そしてあなた自身がリラックスできコミュニケーションがスムーズに運びます。

色の力と使い方

コミュニケーションが苦手な人は
茶色がベター

大勢が集まって議論をする場などに茶色を着ていくと、あなたが正しいと思う意見を言っても意外ととがらず、また相手の意見も受け入れていく 寛容さが出てきます。 コミュニケーションが苦手という人は、まず茶色を着けて議論に参加するといいでしょう。

色の力と使い方

屋久杉染のおはなし

1000年以上の樹齢を重ねるといわれる屋久杉は、悠久の時間を経て生き変わり、死に変わりしてきた命の営みをその年輪に刻み、私たちに命の尊厳を教えてくれます。その屋久杉を使って染める屋久杉染は、家具などを作るときに出る切りくずと屋久杉の葉を用い、何日もかけて煮出し、屋久杉の奥に眠る色の素を取り出します。そして一日かかってやっと一枚の布が染め上がります。工房夢細工だからこそできる伝統の草木染の技術が生み出した力強く美しい貴重な染め色です。

色の力と使い方

頑固な人、自信家の人を寛容に見せる

よく、「なぜあの人はこうじゃないの?」 「当然こうあるべきでしょう!」などと自分の正しさを主張し、確固たる信念や 価値観を持っている人、あるいは他人から頑固だと言われる人は茶色を身に着けることで相手に対する押しつけがましさを和らげます。 また相手に対してあなた自身の価値観や正しさが伝わりやすくなり、逆に相手の正しさも自分の中に受け入れるようになって、あなた自身がとてもバランス感覚のいい人になります。

色の力と使い方

原色のパワーをまろやかにして、しっとりカラーに

工房夢細工では、茶色が入った赤や茶系がかったブルー、黄色の上に茶色をのせるなど、茶色をベースにいろんな色を組み合わせた染め物をつくっています。原色に茶色を混ぜることでちょっとグレーがかったしっとり落ち着いた感じの色に仕上がり、本来の色の力をじわじわとゆるやかに効かせていきます。
例えば、黄色の上に茶色をのせると実際には黄色を小さく着けるより大きな面積で着けるのと同じこと。黄色の原色を大きく着けたときのように我が強く出ることなく黄色のパワーをまろやかにしていきます。  茶色は草木染めではベースカラーとして幅広く活用することができる寛容さを持った色と言えます。

ページのトップへ戻る