秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 草木染の色の力 > 草木染の色の力と使い方

色の力と使い方

良い方向に導くきっかけに

草木が染めた色は、正しく使うことで自分自身を無意識のうちに良い方向へ導くきっかけをつくります。もともと人間に備わっている自分自身が良くなろうとする力に、さらに力を添え、また、背中を押してくれる、それが草木染の色の力なのです。
もともと染料のなかには、古くは民間薬として使われてきたものがたくさんあります。その幾つかは旧い文献にも記録があり、現代科学によって解明されたものも少なくありません。草木が染めた色には、草木の力が写し絵のように宿っているのです。

"闇" や "病み" を追い払う

古より、人は自然の恩恵にあずかりながら暮らしてきました。それが文明の快楽におぼれ、いつしか自然から離れ、その尊さや慈しみを忘れ、どんどん不自然、また非自然な方へと歩みを続けました。しかし、私たちはそうしたなかで生きていかなければいけないという現実があることも否めません。だから人は心を“病み”、また心に“闇”を抱えてしまうのでしょう。 幸いなことに私たちは、自然を活かす先人の知恵や工夫を学ぶ知る術があります。今一度、それをひも解くことで私たちにまとわりつく“闇”や“病み”を追い払う手段やヒントが得られるのではないでしょうか。

  • 黄
    黄色は、中国の故事によれば太陽の象徴とされています。
    その眩しさゆえに悪いものが近寄ってこられないとされています。 ゆえに黄色を身に着けるとあなたに迫る悪い念や害などから、あなたを ガードマンのように守ってくれます。

    もっと見る

  • 紫
    紫は古より色の最高位といわれています。
    高僧だけがまとうことを許された紫の袈裟や聖徳太子の冠位十二階にも 紫がもっとも高貴な色であることが示されています。 紫の染料「紫根」にはもとから薬効があり古くから民間薬のぬり薬として重宝されてきました。

    もっと見る

  • 赤
    古代の赤とは今でいえばオレンジ色。 日本では緋色(あけ)と呼んでいました。
    その緋色が染まる「茜(あかね)」という植物は 血液を澄ませて血の流れをよくするという 働きがあることでも知られていて 古来より女性特有の病気に役立てられてきました。

    もっと見る

  • 青
    青は本藍染めによる純粋なブルーを指します。 あなたを不安定にさせる要素を寄せつけず 跳ねのけてあなたを「安定」に導く色です。 古来より世界中で永遠や不滅の 象徴とされています。 多用すると逆に我が出過ぎてしまいます。 とくに濃い青は上手に使っていきましょう。

    もっと見る

  • 緑
    緑は青と黄色がバランスよく調和した色です。 あなた自身の潜在的な能力や魅力を引き出すパワーとあなた自身を守るパワーが調和してあなたらしさを導き出すのが緑です。精神的にも肉体的にも自信を高めつつあなたを癒してくれる素敵なパワーをもっています。

    もっと見る

  • 桜ピンク
    ピンクは、ピュアな命の輝きの色です。 桜のピンクに代表されるこの色は、良いものも悪いものも拒否せず全部受け入れて相手があなたを守ってあげたいと思わせる色です。 誰の中にもある優しさや癒しの心を呼び起こし多くの人を平和に、平等に導くパワーをもつ色です。

    もっと見る

  • 黒グレーこげ茶
    草木染の色を全部混ぜ合わせると黒になります。 したがって黒にはすべての色のパワーの素が凝縮されています。 そして原色をちょっとまろやかにしながらあなたの中の弱っている力や足らないエネルギーをじわじわと充電しそのパワーを高めていきます。

    もっと見る

  • 茶
    茶色は相手のことを受け入れますというあなた自身の寛容さの信号です。 茶色を身に着けることでまず自分の頑固さが和らぎ相手に安心感を与えます。 そしてあなた自身がリラックスできコミュニケーションがスムーズに運びます。

    もっと見る

ページのトップへ戻る