秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 草木染の色の力 > 赤

赤色は活性化

体の中からあなたを元気にします

古代の赤とは今でいえばオレンジ色。 日本では緋色(あけ)と呼んでいました。 その緋色が染まる「茜(あかね)」という植物は 血液を澄ませて血の流れをよくするという 働きがあることでも知られていて 古来より女性特有の病気に役立てられてきました。 また、赤は情熱の色と呼ばれるように 赤を身に着けると元気になる、 体が活性化するなど 一部、科学的にも証明されています。

色の力と使い方

古代より世界中にあった茜染

少し朱の入った赤が茜で染めた色です。茜染めを代表するものと言えば「日の丸」です。
江戸時代、茜染の技術は黒田藩(現・福岡市とその近郊)の秘伝とされていて日本で初めての日の丸は江戸時代末期、私の工房がある福岡県の秋月に近い地方で染められたという記録が残っています。一帯は古くから茜が自生し茜染専門の染物屋が数軒あったといわれています。
茜は藍とともに古代より世界中で染められていました。インダス文明の遺跡からは木綿糸を染めたものが見つかったそうです。また、インドのサラサ、東南アジアの伝統的な染物や山岳民族ミャオ族の衣装、またペルシャ絨毯も昔は藍と茜だけで染めていました。
藍は青、茜は赤(オレンジ)、二つを掛け合わせると紫になります。また茜を泥染めすると茶色になり、茶色と藍を混ぜると黒になります。茶色、オレンジ、青、紫、そして生成り色、それが原始的な染色の基本とされています。

色の力と使い方

肌に直接着ける。赤いお洋服はOK!

ちょっと元気がない人には、私はまず赤をお勧めします。
赤いお洋服は黄色と違い着ても押しつけがましくなりません。 また、その色を実は肌も見ているのです。 赤いスカーフを直接肌に着けると女性ホルモンが活発になって 女性らしさがアップすると言われます。
バッグの中に忍ばせるより身に着けるほうが色のパワーが発揮されるのが赤の特徴です。

色の力と使い方

赤が苦手な人は、 赤茶色に染めた茜がおすすめ

赤がどうしても苦手な方は、 茜を鉄媒染した赤茶色がおすすめです。 オレンジにグレーが入った落ち着いた色になり 色のパワーもほとんど赤と同じです。 グレーが入ることによってパワーを充電し じっくりジワジワとパワーアップします。

ページのトップへ戻る