秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 夢細工の染

夢細工の染

桜染

夢細工で生まれた、初めての桜染。

桜色は、桜で染めなければ・・・。その思いから様々な種類の桜の木、樹皮や芯材、小枝、花芽、緑葉、紅葉に至るまで、材料と染め方の試行錯誤の上、やっと花びらのピンク色に染まろうとする”力”を取り出す事に日本で初めて成功しました。それが、工房夢細工で生まれた初めての桜染、「さくら初め」なのです。

→桜染についてもっと詳しく

屋久杉染

世界遺産の屋久杉を染める。

それは屋久杉にしかない生命力を余さず取り出す為に夢細工が編み出した技法です。長時間かけて煮出し、布に映し出された橙色、杉皮色は屋久杉ならではの色なのです。

→屋久杉染についてもっと詳しく

草木染

自然のあらゆるものを材料に化学染料を一切使わず染める、草木染。

その色は400色以上。その色の多さに工房を訪ねてこられた方は、例外なく驚きの声をあげられます。普通○○染だけをされている工房はあるのですが、欲張りな私は、「全ての色が夢細工にある」、「夢細工にない草木染めはない…」そんな工房を目指しています。

渋染

先人の知恵が詰まった、渋染。

渋染は、その防水効果から和紙に染めて番傘や合羽に使われたり、木の塗装に使われてきました。また、布を強くする事から酒袋や漁網の染めに今も使われています。紫外線を防いだり消臭効果に優れている事から、作務衣などの染めにも使われました。まさに渋染は先人の知恵の宝庫なのです。

ページのトップへ戻る