秋月の株式会社工房夢細工 秋月の株式会社工房夢細工

オンラインショップ

TOP > 夢細工の染 > 屋久杉染

夢細工の屋久杉染

何しろ屋久杉染めはとても時間がかかります。屋久杉の色を煮出すのもさることながら、染めるのが大変です。今まで、ベージュ色の屋久杉染めしか無かったのも頷けます。染めは、前日に下染めしておいた1m四方の布2枚をよく熱した大量の染液に浸すことから始まります。何時間も休まずに液の中の布を動かし続けること4時間、一旦液から出して、よく水洗い、ここで色だしと定着の為の媒染をして、更にもう一度暖めた染液に浸けて染めること4時間。やっと屋久杉染めの色が顔を出してくれます。一日かけて染めることが出来るのは1m四方の布2枚だけ。更に焦げ茶の屋久杉染めの色は、泥染めにして色出しをする工程が待っています。一つ一つ、どんなに手間と時間がかかっても一切手を抜くことなく染める。それが夢細工の屋久杉染めです。それが、何千年も営々と命を営み伝えてきた屋久杉たちに尊敬を持って対する道だと信じるからです。草木で染めた色にはただの色だけではなく、草木の持つ心や力が宿っています。屋久杉染めの色に宿る命の力強さと、やさしさ、尊敬の念・・・・・それを皆様にも感じていただけ、身近において頂ければこれに勝る幸せはございません。

世界遺産屋久島

世界遺産に1993年に登録された屋久島は、樹齢2000年以上の縄文杉や紀元杉に代表される屋久杉で有名な自然遺産の島。九州最高峰の宮之浦岳をはじめ1000mを越す山が46座もあり、周囲130kmのほぼ円形の島です。1000m以上の峰々は、降雨が多く一年中霧と雨に覆われ、多くの命を育む森として、神秘と凛として訪れた人を感動させる威厳に満ちています。

夢細工の屋久杉染

時間の証人、屋久杉

一説には樹齢7200年を超えると言われる縄文杉をはじめ今では数少なくなった1000年以上の樹齢を重ねる屋久杉は、その木自身が新しい命の芽生えの大地として存在します。悠久の時間を経て生き変わり、死に変わりしてきた命の営みをその年輪に刻み私たちに命の尊厳と優しさを教えてくれます。それが屋久杉なのです。今屋久杉は長寿の象徴として、又、厄過ぎにかけて縁起のいい貴重な銘木として、高級家具や置物に使われています。

夢細工の屋久杉染

命が溢れる色、屋久杉染め

その屋久杉を使って染める屋久杉染めは、家具などを作るときに出る切りくずと屋久杉の葉を使い独自の技術で煮出した染液を使い染めています。何日もかけて煮出し屋久杉の奥に眠る色の素を取り出します。そして、一日中かかってやっと一枚の布が染め上がります。夢細工だからこそ出来る伝統の草木染の技術が生み出した力強く美しい貴重な染め色です。

夢細工の屋久杉染

屋久杉染めの作品は、一部ですがオンラインショッピングでご覧になれます。こちらからどうぞ

ページのトップへ戻る